服はボロボロでいい

私はファッションに全く興味がありません。そして外見はどうでもいいのです。

人間は中身が大切なので、ボロボロのふくでもいいのです。
ただ、清潔さは大切ですね。しっかり洗濯していれば、多少破れていても問題ありません。

大の男がオシャレにうつつを抜かしている場合では無いと思うのです。
人間オシャレを気にするのは女性だけで十分です。なので、たとえばズボンや上着は
寒さをしのげればいいし、夏であれば通気性がしっかりしていて涼しく過ごせるのであれば
問題ありません。

どうせなら日本国民の制服をつくってみたらどうでしょうか?
プライベートでも外にお出かけするならそれをきなくてはならないようにすれば、
みんなオシャレをしなくて済むようになります。

髪型もそうです。男は角刈り、女性は黒髪ロングもしくはオカッパが一番です。
古きよき日の日本の服装こそが我々の魂のソウルファッションと言っていいのでは無いでしょうか?

最近若者の間で1980年代の服が流行しているようですが、これからどんどん遡って
江戸時代の着物文化までもどるのはどうでしょう。
まあ着物は面倒なので明治くらいのファッションが一番よさそうですね。
あの時代は和洋折衷なので、和服もあっていろいろ楽しめそうですね。

バイクに乗らないけどライダースジャケットを着る

やっぱり男のファッションで誰もが一度は着てみたいと思うのはライダースジャケットです。

でも僕は残念ながらバイクにはノリませんし、全く興味がありません。
バイク好きの人は沢山いますが、そういう人たちがバイクに乗る時ライダースを着ていても
おかしくありませんね。

しかし、僕のように自転車しか乗らない人間がライダースジャケットを着るのはちょっとおかしいのでは、
ないかと思って中々購入するのを躊躇していました。
しかし、ある時ファッション業界で働いているメンズファッションの達人の友人にアドバイスを受けました。

ライダースジャケットはバイクに乗っていなくても普通に着ている人たくさん居るよ。
僕は滅多に表参道や渋谷などのオシャレストリートを歩くことがないので、
目からうろこが落ちる重いです。

ならば思い切ってジャケットを買いに行こうと服屋に足を運びました。
店員さんもバッチリオシャレだし、ちょっと場違いな思いもしましたが、
勇気を振り絞らないと人間変わることは出来ません。最初だけ恥ずかしいので、
普段から着ていればそんなにおかしくありません。

わたしは思い切って本皮製のライダースジャケットを13万円出して購入しました!!!